患者数が増えてきているうつ病に対する認識を改めよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 食生活を改善

食生活を改善

悩む人

うつ病には、食事によって予防できると言われています。もしも病気になってしまった後でも、食生活を改善することで症状を改善することができます。どのような食事が効果的なのか学んでいきましょう。まず一番効果的なのが、規則正しい食生活を心掛けることです。一般的に栄養バランスに偏りのない食事を、1日3食取るのが効果的と言われています。また、うつ病の予防や改善に効果があるとされている成分でも、明確な根拠が不十分なことが多いでしょう。そのため、特定の成分を集中的に摂取するよりも、バランス良く栄養素を摂取することが大切なのです。このような規則正しい食生活の中に、病気の予防や改善に効果があるとされている成分を上手く取り入れていきましょう。食生活を改善させることで、脳に栄養を効果的に届けることができます。脳の働きが正常になり、病気のリスクを軽減させることができるのです。脳は臓器の中でも、特にエネルギーを消費します。エネルギー不足に陥ると集中力や意欲が低下し、倦怠感なども現れてしまうのです。また、食事は生活リズムを取り戻すには最適です。朝昼晩と決まった時間に食事を取るようにすれば、基本的な生活リズムの改善もできるでしょう。夜更かしなど、生活習慣の乱れも根本的に解消することができるのです。そして、脳の活性化に良いとされているセロトニンですが、セロトニンを経口摂取してもあまり意味がありません。経口摂取されたセロトニンは、脳血管関門を通ることができないからです。この関門を通ることができないので、脳以外の場所で吸収されてしまいます。ただ、トリプトファンなら脳血管関門を通ることができるのです。セロトニンの原料ともなるので、トリプトファンを意識的に摂取すると良いでしょう。また、ビタミンB群もうつ病の予防や改善に良いとされています。セロトニンの量を増やしてくれる成分を摂取すると良いでしょう。食材としては魚類や野菜、きのこ類や豆類などを積極的に食事に取り入れるようにしましょう。昔ながらの和食メニューが適していると言われています。また、地中海料理も魚介類や野菜をふんだんに使用するので、バランス良く栄養が取れるでしょう。うつ病の予防を考えている方は、食生活から改善させるようにしましょう。