患者数が増えてきているうつ病に対する認識を改めよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 症状について

症状について

女の人

うつ病の発症時期を特定するのは、非常に困難です。調子が悪くなってきてから、自覚するようになります。具体的にいつ頃から発症しているのか分からない方が非常に多いのです。そのため、自覚することが難しい病気として知られています。大抵、気付いた頃には症状が悪化してしまっているのです。初期症状としては、倦怠感や疲労感が現れます。睡眠不足や食欲不振も現れるでしょう。ですが、この症状の中で、どの症状が先に現れるという決まりはありません。いくつかの症状が一緒に現れるでしょう。また、思考力の低下や抑うつ状態などが現れます。つまらないことでも、一度考え出すと考えを止められなくなってしまうのです。また、自分に対してネガティブな感情を持つようになります。うつ病の特徴とも言える症状で「自分は役立たず」などと考えるようになるでしょう。このような症状は時間の経過と共に悪化していきます。うつ病の場合は、強い憂鬱感を感じるでしょう。通常の憂鬱感よりも、強い憂鬱感が消えることなく続きます。基本的に日常生活に支障をきたすレベルの憂鬱感に襲われるのです。また、主な症状としては、虚しい気分が続くようになるでしょう。趣味や仕事など、何に対しても楽しみが見いだせなくなります。興味や関心も失せるでしょう。悲しみや怒りとは違った虚しさが特徴です。さらに、意欲がなくなるため、何に対しても積極性がかけてしまいます。身だしなみもだらしなくなってくるのです。ただ、義務感はあるので、意欲がなく仕事や趣味ができなかったことに対して焦ります。何かができなくなると、罪悪感を感じてしまうのです。また、考え方も悲観的になってきます。何かを考える時も、悪い方に考えてしまうのです。前向きな考えが浮かぶことは殆どないでしょう。悲観的な考えばかりが頭を巡り、悪循環に陥るのです。思い込みも極端になり、妄想状態になってしまいます。このような状態が続いてしまうと、自殺を考えるようにもなるでしょう。「この世から消えてなくなりたい」と思うようになり、自殺を決行してしまうのです。一般的にうつ病と自殺には深い関係があると言われています。この病気によって自殺する方は少なくないのです。まずは、初期症状が現われた段階で対処するようにしましょう。早期発見が重要になります。