患者数が増えてきているうつ病に対する認識を改めよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 治療の流れ

治療の流れ

カウンセリング

うつ病を患ってしまうと、どうなるのか心配している方は多いでしょう。そのような方の為に、今回はこの病気の治療についてお教えしていきます。治療の流れが分かれば、安心できるでしょう。まず、うつ病の治療には長い時間がかかります。さらに、直線的に回復していくわけではないのです。治療は3つの段階に分けられて行なわれていきます。1つ目の段階が急性期です。休養を十分に取りながら薬物治療とカウンセリングを行ないます。基本的に会社や学校は完全に休む必要があるでしょう。会社や学校を休むことで、原因であるストレスから切り離すことができるのです。抗うつ剤による治療も行ないますが、最初は量をセーブします。患者の様子を見ながら抗うつ剤の量を処方していくのです。基本的に抗うつ剤の効果が現れるまでには、多少の時間が必要になります。不安や苛々が軽くなり、憂鬱感もましになってくるでしょう。日常生活に対する興味が戻ってきます。2つ目の段階である回復期では症状の悪化と回復を繰り返しながら、徐々に状態を安定させていくでしょう。症状が回復したと思ったら、また悪化するので油断は禁物です。少しずつ身体も動かせるようになるでしょう。この頃になると、希死念慮が現れるようになります。回復期には気力や体力も少しずつ戻ってくるので、行動力も出てくるでしょう。つまり、自殺を考えた特に実行する力が残されているのです。そのため、周りの方は、うつ病患者から目を離さないように注意するようにします。認知療法や思考パターンの改善によって、症状の改善に取り組むのです。また、完全に症状が安定するまでは職場復帰を控えるようにします。3つ目の段階が再発予防期です。うつ病は再発しやすい病気なので、再発予防がとても重要になります。一般的に症状が完全に安定してからも、抗うつ剤による投薬治療を続けるでしょう。1年から2年程は投薬治療を続けるのです。患者によっては2年以上、投薬治療を続けることもあります。薬の飲み忘れをしてしまうと、うつ病の再発リスクが高まってしまうでしょう。また、ストレスが溜まってきたら、どのような変化が現れるのか調べておくのが大切です。周囲の人間にもサポートしてもらいながら、うつ病の再発予防に取り組みましょう。